2016年 6月4日(土)

ギター室内楽コンサートの記録

田園都市線「藤が丘駅」
「ぴあん」において




ぴあんでのコンサートも今回で四回目となりました。

少し狭いということもあり、

今回はちょっと室内が暑かったかもしれないですね。

なかなか厳しい時期のコンサートですが、

ギターの世界に限らず、

いろいろな楽器の音色を楽しんでいただきたいというコンサートです。

今回は、チェロのゲストに行本康子さんをお招きしました。

8月にはリサイタルを控えている多忙な時に、

快くお引き受けいただきチェロの音色を楽しませていただきました。

フルートの佐藤さんが体調を崩されて、

今回参加できなかったことは大変残念に思います。

最初にモリーノのトリオ最後にディアべりのトリオと、

お国柄を感じさせる曲調が新鮮でした。

田中さんに二曲頑張っていただきました。

前半は生徒の勉強ということでお時間をいただき、

それぞれソロを演奏しました。

キャリアを積んできてる成果は確実に出ていると思いました。

仕事をしながら家庭を守りながらの練習で大変だとは思いますが、

徐々に演奏結果は出ていると思います。

次回からは場所も新たにして開催したいと思っています。



コンサートのアルバムへ(クリック!)


注:一部の最後が北村さんのアグアド作曲「序奏とロンド」に変更。
二部の最初は、ガウデ作曲の「ロンドニ長調」に変更されてます。
なを、フルートの佐藤氏は体調不慮のため出演しておりません。








アンダンティーノホ長調
・・F・ソル G:野村陽一




フリアフロリダ・・・A・バリオス G:井上英二




バレット・・・M・ポンセ G:兼古昌明




序奏とロンド・・・D・アグアド G:北村祐子


~休 憩~


ロンドニ長調・・・T・ガウデ

 G:野村俊明 G:井上英二




トリオop4 n,1・・・F・モリーノ
Fl:田中恵子 G:北村祐子 Va:高橋あず沙





感傷的なワルツ・・・P・I・チャイコフスキー
ブラジル風バッハ・・・H・ビラ・ロボス
ロマンサ アンダルーサ・・・P・サラサーテ

 Vc:行本康子 G:野村俊明





グランドセレナーデop,95・・・A・ディアべり
Fl:田中恵子 G:黒田怜子 Va:高橋あず沙




出演者全員で






コンサートアルバムへ(クリック!)



表紙へ



topへ